弁護士に依頼する

弁護士依頼の際のデメリットとしては、弁護士が介入することで請求相手に圧力がかかりすぎ、相手との良好な関係性が崩れてしまう可能性や、破産の手続きをされてしまう可能性があります。他には、弁護士契約をした費用として、着手金と成功報酬がかかるところになります。しかしながら、難しい法的手続や書類の知識を持たない個人で揃えるのは時間も労力もかかります。ですから、売掛金回収には経験が豊富で、実績がある弁護士に依頼するのが良いでしょう。売掛金回収では弁護士選びは重要なポイントとなります。

弁護士に依頼した場合の利点は、請求相手に法的な手段で対応することから、本気で回収に取り掛かっているという印象を与え、相手の心理状態を刺激します。また、売掛金は時効があり、回収側も時効を成立させないための専門的な方法があり、弁護士なら適正に対応してくれます。弁護士が間に入ることで、請求相手との交渉事による精神的な負担を軽くすることができるのも、メリットのひとつです。他にも当事者のみで話し合いをおこなっていても、専門な知識や方法がわからなかったり交渉に応じなかったりでは話しが進みませんが、弁護士が介入することで、その労力と時間の負担をなくすることができます。